若い医師はバイトによって収入を補填

若い医師の給料は高くない

日本では医師になるためには大学の医学部で6年間学んだうえで国家試験を受験して合格する必要があります。試験に合格した後は現在では一年間の研修が必要となっています。医師になるためには長い時間と多くの費用が掛かりますが、若い時の給与はそれほど高くありません。若い時の医師の仕事は夜勤が多く配分されるケースが一般的になっています。したがって非常に忙しいのですが、給与を補填するためにバイトを行うことが行われています。

バイトをすることで技術レベルが向上する

日本では医師の不足が顕在化しているために、各地の病院でバイトを使用して患者の治療に対応しています。不測の穴埋めをしなければならないために募集する時の給与水準は高くなっています。医師の仕事は小さな病院ほど何でもやらなければなりませんので、バイトをすることによって医療の技術や経験が得られるため、医療の世界でもある意味では重要な役割を果たしています。大病院では臨床をしない時期でも診療を経験することが出来るからです。

バイトをしないことを目指すことも必要

若い医師にとってもバイトは体力的に負担となるケースが見受けられています。日本の医療の世界も若い医師がバイトをしないで医師の仕事に集中できることが必要です。医学の進歩が著しいため、常に最新の情報を把握しておく必要があります。そのためには診療の時間の他に最新の情報の収集や技術の習得をしなければなりません。給与の補填のために体力を無理して、本来の医師の仕事が疎かになるようなことが起きれば大きな問題となります。

医師のバイトは、自分の都合に合わせて働ける点が魅力となっており、空いている時間を有効に活用しながらお金を稼げます。